鍵交換で鍵の故障を防ぐ

鍵を利用する際は定期的な手入れと交換が必要になります 鍵を利用する際は定期的な手入れと交換が必要になります

鍵の寿命が切れそうな時は鍵交換を実施

住宅の玄関に使用されている鍵は長期間使い続けていると、破損や故障などが発生して使えなくなってしまいます。ここでは一般住宅で活用されている鍵の耐用年数や、鍵交換を行なうタイミングについてお教えしましょう。

一般的に使用されている鍵の寿命は長くて10年程です

鍵の寿命は5年から10年程となっており、最低でも10年以上経過した鍵は新しい物へと交換しなければなりません。しかし使用している環境や鍵の素材によっては、短期間で鍵が壊れてしまうこともあるので気をつける必要があります。

鍵が使いづらいと感じた際は交換を行なうべきです

鍵や錠前などの設備は使用していると徐々に金属疲労が溜まっていき、施錠や開錠がスムーズに行なえなくなります。そのため自宅で使用している鍵が使いづらいと感じた場合は、鍵が壊れる前に鍵交換を行なうのが適切です。最近では電子錠といったタイプの鍵もあるので、自分が使いやすいカギに交換してみるのもいいかもしれません。

鍵交換が必要な理由

住宅の安全性を維持する
同じ鍵を長期間使い続けると、セキュリティの高さが徐々に低下してしまい犯罪に巻き込まれる危険性が高くなります。きちんと定期的に鍵の交換を行なっておけば、自宅で空き巣などの犯罪が発生することはありません。
住宅の資材や家族を守る
自宅の鍵交換を定期的に行なっておくと、住宅内に存在する財産や家族を守ることが可能です。しっかりと鍵交換を行なうことで家族や財産を守り続けることができれば、家族全員で今後も快適な日常生活を楽しむことができます。

まとめ

鍵とフィギュア

壊れかけの鍵をそのまま使い続けてしまうと、故障や破損などのトラブルが発生してしまい日常生活や仕事に悪影響が生じてしまいます。鍵に少しでも不調を感じた場合は鍵交換を実施し、鍵を元通りの状態に戻しておきましょう。

メンテナンスで鍵トラブルを予防

鍵の壊れてしまう原因にはいろいろなパターンがありますが、日頃からしっかりとメンテナンスを行なっていれば鍵にトラブルが発生することはありません。まずは鍵トラブルが発生する原因と、鍵のメンテナンス方法について説明します。

鍵が壊れてしまう原因

  • 鍵の内部にゴミや汚れが溜まってしまい、ピンが動かなくなってしまう
  • 鍵の中に錆が発生し、部品に折れや欠けが生じる
  • 鍵自体にゴミが溜まり、ピンが鍵の形式を正確に認識できなくなってしまう
  • 差し込んだ際に鍵が折れたり、欠けたりしてしまう

鍵穴の汚れやゴミを取り除き、鍵自体もきちんと掃除しておきましょう

鍵穴の部分はほこりやゴミなどが入りやすく、定期的にクリーニングを行なっていないと内部に大量のゴミが詰まってしまいます。鍵の差し込み部分にも汚れは溜まりやすいので、鍵穴を掃除する際は鍵自体もよく手入れしておきましょう。

潤滑剤などで鍵の滑りを改善する必要もあります

鍵の動作がうまくいかない場合は、潤滑剤を鍵穴に入れて内部の状態改善を図るのが有効です。一般的な油などを使用すると逆に鍵が壊れてしまうので、潤滑剤を使用する際は間違えて油などを使用しないように注意しましょう

TOPボタン