鍵が壊れやすい場所を把握

鍵を利用する際は定期的な手入れと交換が必要になります 鍵を利用する際は定期的な手入れと交換が必要になります

鍵トラブルが発生しやすい住宅環境と場所

鍵の耐用年数は10年程と言われていますが、鍵を使用する場所や住宅環境によっては数年程で鍵に故障や破損が発生してしまうことがあります。まずは鍵トラブルが発生しやすい場所や、住宅環境について詳しく説明しましょう。

鍵開け業者が教える鍵の壊れやすい環境と耐久性の低い鍵

どういった住宅だと鍵は壊れやすくなるんですか?
膿の近くに立っている住宅は、鍵の故障や破損などが発生しやすいです。こうした被害が発生してしまうのは、海からの風に含まれる塩分が鍵を錆つかせてしまうのが原因です。一般的な住宅に比べて、耐用年数は半分程になってしまいます。
住宅内で鍵が最も壊れやすい場所はどこですか?
玄関の鍵は鍵トラブルが発生しやすいですが、最も壊れやすいとされているのは浴室の鍵です。浴室には湿気が溜まりやすいため、長期間使用していると鍵の内部に錆が発生してしまいます。突然鍵が壊れることもあるので気をつけましょう。

鍵交換の回数を減らすための対策

錆や汚れが発生しやすい場所で鍵を使用する場合は、鍵に錆や汚れが付着しないように注意する必要があります。しっかりと対策を行なっておけば鍵の状態を良好に保ち、故障や破損といったトラブルの発生を未然に防ぐことが可能です。

頻繁に点検を実施するのが最も効果的です

錠前は一種の機械であるため、定期的にメンテナンスを実施していないと壊れてしまいます。特にシリンダーの部分は精密な部分なので、鍵のメンテナンスを実施する場合はシリンダー部分を重点的にチェックしておきましょう。

換気を行なっておけば錆の発生する確率は下げられます

住宅の中で使用している鍵にトラブルが発生するのを防ぐには、換気を行なうのが最も効果的です。こうすれば室内に溜まった湿気を取り除くことができます。しかし換気を行なった後は、きちんと窓を閉めておくようにしましょう。

TOPボタン